hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

200g Brazil ブラジル(セラード モンテカルメロ パルミト農園)

2,100 JPY

About shipping cost

【ブラジル🇧🇷】 . 新たにブラジルの中煎りコーヒー豆が店頭に 並んでいます。 環境に配慮、サスティナブルなコーヒー豆も 少しずつ増えてきました 普段何気なく飲む一杯のコーヒーは選び方次第で 環境や地球、身体にも優しさを与えているんです . 親しみやすさがあり、ローストしたアーモンド、カカオニブ、優しいオレンジの酸味も感じます。 少し濃くハンドドリップで抽出してカフェ・オ・レにしてもおすすめです☕️ . 【農園情報】 緑のセラード モンテカルメロ ~脱炭素検証済み~ 脱炭素を目指す新たな取り組み 生産地 セラード モンテカルメロ パルミト農園 (写真4、5、6枚目) 精製 ナチュラル 標高 850~1,250m 品種 ムンドノーボ、カツアイ等 クロップ年 2021年12月入港 生産者 モンテッサー組合の34農園の生産者さん 乾燥 パティオで天日乾燥、その後ドライヤーで乾燥 規格 NY2 Scr16up サイズ 16up 認証 RA 栽培・農薬の使用 慣行栽培、温暖化ガスバランスの向上に向け化学肥料の節約 脱炭素が世界中で叫ばれていますが、日本で暮らしている中ではまだまだ実感がわきにくいですよね。そんな中、ブラジルでは「脱炭素コーヒー」が作られました。専門機関による科学的根拠に基づいて、モンテッサー組合に所属する34の農園で、土壌改善、灌漑設備の効率化を通して、CO2排出量が通常の1/5ほどに抑えられたコーヒーです。また、トレーサビリティにも力を入れており、麻袋にはQRコードから農園情報やカップ評価、さらには原産地証明書まで確認することができます。 コーヒーが栽培されるモンテカルメロ地区はミナスジェライス州の北西部に位置しており、高温多湿の夏と、心地よく乾燥した冬という、はっきりとした四季があることも、この地域の特徴です。カカオのような甘く香ばしいフレーバーが現れやすい地域で、今回のクロップでもその特徴的な香味。

Sale Items